恐怖の記事一覧

         
2020年02月14日

今帰宅しました
「ちょっと変.な人に絡まれてしまって困ってるので相談したいんですが」って言ったら
「直接的な何かがないと我々は動けないので詳しく聞いても見回ることしかできませんがそれでもいいですか?」と言われました
「小さい子供がいるので、何かあったときに話を聞いてもらってたかどうかで違うみたいなので話だけでも聞いてください」ってお願いして火曜の事から順番に話してきました。

その間に2回ほどHさんから「返事まだ?」とメールが入ったので、催促メール含めさっきのも見せたら深刻な顔になって、そのメールを保存させて欲しいと言われて警察のメアドに転送してきました

Hさんには「今警察です」って返信したらメールが来なくなりました
これで収まるかどうかわかりませんが今日のところはもう連絡ない・・・かな?
ないといいな・・・



         
2020年02月02日

>>551
です。
皆ありがとう。ではお言葉に甘えて。 

今月腕を失ったんだよね。 

簡単に状況を説明すると、道路を飛び出した子供を左手で掴んで自分の右手にパス。
逃げ遅れた左腕がトラックのどこかに挟まれてグチャグチャ。 
壊タヒする可能忄生があったんで切り取った。 

何の問題もないと思ってた。痛かったけど。
昔手話を学んだ時に障害なんて単に特徴にしか過ぎないと分かっていたし。
片手になって不便になっても日常生活は十分こなせるし。
子供の両親から神扱いされたし 
俺も「二本ある腕の一本なくしただけで一つしかない命すくえた俺っていい男じゃん」なんて一人悦に入っていた。
「足じゃないから来年のWCで君の国を倒すのに問題ない」と能天気に看護士に馬鹿言ってたよ(関係ないが海外在住)。 

その後怖くなった。
見舞いに来てくれた友人に同情される度に怖くなった。 
可哀想と言われる存在になった事に気づいたよ。 
ベッドで寝てても腕は生えてこないからといって通院に切り替えてもらって、職場に復帰した。
上司も部下も腫れ物を触れるように扱ってくれる。 
幾ら大丈夫だと言っても、今までのように無理な注文は誰もしてくれない。 
自然体で明るく振舞っても「私でよかったら幾らでも相談にのります」なんて言われる。


         
2020年01月22日


         
2019年12月06日

皆さんのなりきり話が、リアリティ有りすぎで、背筋が寒くなってきました。(-.-;) 

嫁が帰ってきました。 
口紅とファンデーションを買ったらしく、薦められたセリフが 
『これ自然素材なの。食べても害が無いの。』 
とのこと。 
食えるなら、食ってくれって…。 

怒鳴ってやりたいのをこらえて、今日の病院のこと、病状のことを話し、
もう洗剤は止めろと、蓄積されたら、後々ガンになりかねない。 
わかってもらえないなら、別居、離婚もあり得ると話しました。 

嫁の反応は 
『そういうのって、独身時代の不摂生が、いま影響してるんじゃない? 
コンビニとか、本当に良くないのよ。』 

ダメだコイツ…。 
医者の話しもわからん…。

         
2019年12月06日

前々回のスレで、嫁が洗剤で米といで(洗って)る。と、書いたものだが、まだ生きてるよ(T_T)v 

しかし最近、便に油が浮いてきた気がする…。 

体に悪いと諭してるんだが『農薬の方が体に悪い。』と、のたまうんだぜ…。 
今日なんか、キャベツの千切りを洗剤で洗っていたんだぜ…。

         
2019年11月02日

豚切手、つい昨日の話。

夫が帰ってきて開口一番「GW、おふくろの引っ越しの手伝いに行こうよ」
どこに引っ越すのと聞いたら「ここのマンション、上の000号室空いたじゃんか」だと!

まさかあそこに越してくる気かよ!それ以前に、私がトメにされたこと忘れてるだろ!
「おふくろがもう3年立つし、そろそろ水に流しましょうって」
ふざけんなあ!私がトメに刹されかけたの忘れたかー!

マザコンの気はないと思ってたし、義実家との絶縁もちゃんと守ってたけど。泣きつかれりゃこんなもんかとぼんやり思った。
同じ屋根の下じゃなければいいと思ってるみたいだけど、同じマンションの一階違いも感覚的には大差ない。
3年前にトメにされたこと思い出して、朝から吐き続け。しんどい。

         
2019年10月10日

すみません。
一緒に食べるのは夕飯ではなく昼食でした。
混乱していて間違ってました。
すみません。


警察から連絡がありましたが、先日の事件のことを話して、
トメとはもう縁を切っていて、会うつもりも引き取るつもりもないことを伝え、
叔父さんのことが心配だったので、謝罪しに行きました。
(車で数時間かかります)
叔父さんは切りつけられたのが右腕で、数日不自由なので入院することにしたそうで、
病院に行ってきました。
夫婦で、土下座する勢いで謝罪してきました。

叔父さんは、あなた達が悪いんじゃない、油断した自分も悪いんだと
おっしゃってくださいましたが、本当に申し訳なくて。

         
2019年10月10日


*続きは記事がアップされ次第リンクが繋がります。

272:39 ◆U2ULZvIylA2007/08/31(金) 00:22:25 O
遅くなりました。
事情聴取やら主人との話し合いやらで時間を取られました。
更に変な時間に昼寝した子どもがまだ起きてます。
今、寝かしつけながら携帯うってます。
子どもが寝たらパソコンする予定です。
全然寝れる気がしないので…。

         
2019年10月10日

助けて下さい
絶縁して音信普通にしていたトメが突然訪ねて来て
かれこれ20分くらい玄関前にいて、扉をドンドンしたり
開けろとかいろいろ言ってます

旦那の携帯は仕事中は取らないので伝言とメールをしましたが、
多分夕方まで見ないです
子どもも尋常じゃない雰囲気に泣き叫んでます
わたしも震えがきていて、さっきここのことを思い出して
携帯から書いてます

気が狂いそうです。

         
2019年10月03日

俺氏43歳 独身
好きな子22歳

関係は同僚

         
2019年09月16日



*続きは記事がアップされ次第リンクが繋がります。

55:名無しさん@お腹いっぱい。2012/07/04(水) 22:35:25.27
うわあああああああああ!
今帰って来たんだけど、なんか家中が変な臭いする…のはいつもの事だけど、何だか嫌な予感して、とりあえずいつも通りスーツ着替えてキッチンにいったら…

パパパパパ…パン 

ど、どうしよう!すごい汗かいたから先にシャワー浴びるわ!って風呂場に逃げて来たんだが、こないだ前スレで上がってたなんちゃらパンじゃないのかこれ! 
なんか、腐った臭いするんだが!

         
2019年08月20日



ビビったマジでビビったマジで見てるんじゃねぇかってくらいジャストタイムでメール来た今4時30分だろどうなってんだよ怖いよ


         
2019年08月20日


*続きは記事がアップされ次第リンクが繋がります。

375:2011/03/04(金) 03:21:26.87 ID:T7ftQkiN0
普通のときはきぃも自分が暴走しちゃった時のこととかすごい謝ってくるし、自分でも何とかしたいとのことだった
俺は素人なりにいろいろ調べて、たとえばリスカやめるために、イライラしたらまず刃物じゃなくて赤いボールペンで手首に線引いてみよう?とか提案してた
まぁ「血を見るのが目的だから」って一蹴されたけど

         
2019年08月14日
今日ってか26日に体験した話を聞いてほしい
書き溜めてないし酒飲んでるから書くの遅いけど


         
2019年08月01日

         
2019年07月30日




178:12016/10/04(火) 21:24:57.61 ID:ZIqAYMlN
怖さ一心で出社しBさんに報告。
Bさんも初めてのことで驚いたようで動揺していた。
とりあえず現場に行かなければということで宮司に行って現場に向かうことにした。
車での会話で一つ謎が生まれた。
丑三つ参りについて知ってる人は分かるだろうけど
今の丑三つ参りでは体の一部、つまり一般的には髪や爪などを入れる。(ちなみに昔はそんなことなかった。)
もし仮にそいつがちゃんと儀礼を行なっていたとしたらそれはどこから手に入れたのだろう。

         
2019年07月18日
きてるのでおちっます 

         
2019年07月18日
愚痴吐きすみません 

昨年結婚して娘@小2女児の母になった新米母です。 
娘は夫の連れ子ですが、素直な可愛い子なので家庭内に問題はありません、 
唯一、娘のお友達(Kちゃんとします)の事で眠れない日が続いています。 

事の発端は夫が結婚を機に心機一転したいと家を新築し、引っ越した事から始まりました。 
娘に転校をさせたくなかったので、学区内に中古の戸建てを購入→古い家を解体→現在の家を建てました。 
引っ越して暫くは平和だったのですが…
学校から帰っってきた娘が突然「ケーキを3個焼いて、ジュースはコーラ準備しておいて」と、普段とは明らかに違う口調で私に云いました。 
私が「お友達でも来るの?」と聞いたら、「そうだよ、ケーキが無いと遊べないから準備して!」と、切羽詰まったような感じでした。 
時間が無いと娘が言うので、急いでシフォンケーキを焼いてコーラを買いに行きました。 
買い物から帰宅して、玄関の扉に手を掛けた時家の中から娘の「ヤメテー」の悲鳴聞こえたので 
慌てて家に入り、娘の名前を呼びました。 
リビングの扉を開くと、カーテンが床に落ちていて、キャビネットの扉が外れていて中に飾ってあった小物が 
床に転がっていて数個割れていました。 
その間娘の悲鳴が続いてたので急いで階段を上がり、声のする娘の部屋に走りました。 
娘の部屋の扉を開けると、床の上でうつぶせになった娘の上に馬乗りになったKちゃんが笑ってました。

         
2019年07月02日

証拠も何もないが 
妻が昨日の夕飯時に大切な話があるから早めに帰って来て
と言われ
帰ったら知らない男がいたよ

子供が出来たから責任取るんだと。

         
2019年06月15日
申し訳ありません明日も別のところの助勤要請を頂いたので 
書けるだけ書いて終わらなかったら続きは明日の夜になります。 

続けます。 
「お坊さん、こっち、こっち」
そう言いながらTさんが掘っていた穴(ご自分の下半身が隠れる位の深さ) 
から飛び出したのが見えたので、条件反射でそちらに向かいました。 

Tさん「お坊さん、穴、穴」 

Tさんが穴の中を指差します。
が、何もありません。掘られた普通の空間があるだけでした。 

「どうしました?」 

Tさん「え?あれー?いない?
さっき、あの男が私にむかって拝んでたんですよ、掘った中から、 
私の足元から私にむかって、拝んでたんですよ、
突然出てきて、だから流石にびっくりして」 

「あ、奥さん!」 

私は慌てて奥様の方を振り返って奥様の状況を確認しました。 
奥様は私たちの上、樹の上の方に視線を向けていました。 
私は近付いて「奥さん大丈夫ですか?」と聞きました。 

奥様「はい、大丈夫です、大きな声だしてすいません、
あの・・・さっきまであの樹の上にあの男の人がいて、
それでビックリして声が出てしまって、主人を見てる感じで樹の上にいたんです。 
でも、お坊さんが近付いたら消えていって・・・お坊さん、見えましたか?」 

「いえ、私には今回は見えませんでした」 

奥様「あの・・・天国にいったんでしょうか?」 

「えーっと、天国というのは私たちの言葉ではないのですが、
浄土ですね、極楽浄土って聞いたことないですか?
まぁあれです、言葉はともかく、そうだったら良いですよね 
埋葬終わったら、改めて法要致しましょうか」 

そう言ってあらためて樹をみましたが、特段変わったものはありませんでした。

最新記事
最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード