姥捨て山の記事一覧

         
2019年03月14日
1/3【異常な人達】夫「認知症の母を姥捨て山に入れやがって!俺が面倒を見る!」私は逃げる!→義兄「お前(義兄嫁)と嫁子さん、二人でなら看れるんじゃ?」こいつもバカだったのか…→



46:介護脱出嫁 ◆2568ErpOtI2008/04/11(金) 13:13:44 0
前スレ848です。
夫を除く姑の子どもおよび配偶者は午後から話し合いの予定ですが、
わたしはもう姑の親族ではなくなる予定ですので人数外のため、
午前中に義兄宅にお邪魔して話をしてきました。

「わたしは家を出るので介護はできない」ということを義兄嫁さんに伝え、お詫びいたしました。
「あなたはもう十分やった、ゆっくり休みなさい」とあたたかいお言葉をくださいました。
そこまではよかったのですが、徐々に話がおかしな方向へ進んでいきました。

義兄は義兄嫁にとんでもないことを言い始めました。
「弟が親をひとりで看るのは無茶かもしれないが、我々(義兄夫婦)が手伝ったら親を看られるじゃないか。
親を病院まかせにするなんて、子どもとして恥ずかしいことだ、弟の言うことはもっともだ」
「おまえは介護が仕事だったくせに、自分の親は看ないのか。」などとなじり始めたのです。
義兄嫁さんが不眠不休でどれだけ姑に尽くしてきたのか、義兄は見ていませんでした。
わたしもぼろぼろになるまで介護に参加しましたが、一番長く見たのは義兄嫁さんです。
いろんな手配も全部してくれましたし、義兄嫁は身銭もずいぶん切ってくれたそうです。
仕事をして少しずつ貯めてきた義兄嫁個人の貯金は、姑の借金整理や身の回りの品などで飛んで、すっからかんになったと。
愚痴をこぼさない義兄嫁さんなので、そんなにたいへんな思いをしたなんて知りませんでした。
更年期障がいの辛いときに、義兄嫁は倒れるまで姑を看ています。
しかし義兄は、自分の母親の症状についての理解も本当はなかったのです。
夫も馬鹿ですが、夫の兄も馬鹿でした。
義兄はまともな人だと思っていただけにショックです。


         
2019年03月14日
1/3【異常な人達】夫「認知症の母を姥捨て山に入れやがって!俺が面倒を見る!」私は逃げる!→義兄「お前(義兄嫁)と嫁子さん、二人でなら看れるんじゃ?」こいつもバカだったのか…→


848:名無しさん@HOME2008/04/10(木) 17:29:13 0
「兄貴がかあさんを乳母捨て山にいれた。大事な母にひどい、ゆるせない。
日曜日、わが家で引き取ることにした。施設にはもう退所手続き出してある。
客用の和室に暮らしてもらうから片付けておけ」

姑は認知症がひどくて、もう家庭では介護は無理といわれ、
専門の老人病院に入院させてもらった。
入所にあたっては兄弟と配偶者全員で話し合いもしたのに、
なぜかいきなり急に次男である夫がひとりで暴 走しはじめている。

夫は病院を「乳母捨て山」よばわりするが、
介護職で管理職を務めた義兄嫁さんのつてで探したその病院は、
清潔で広く、職員も熱心で、イベントも充実しており、
信頼できる医師も常駐していて、近くには系列の総合病院もあり、
急変にもスムーズに対応してくれ、交通の便もよく、
至れり尽くせりの場所だ。

姑は調理をしようとしてカップラーメンをコンロにかけて火をつける、
排せつ物を壁になすりつける、妄想が入って暴 れて人を突き飛ばしてケガさせる、
国道をネ果足で徘徊し警察に厳重注意を受けるという状態で、
これをわたしにどう看ろというのだろう。

夫は「かあさんが可哀想」の一点張りで聞く耳持たない。
子どもも独立していなくなったことだし、和室の荷物をまとめるついでに、
わたしの荷物もまとめて、実家(現在実姉一人暮らし)に帰らせてもらう。

最新記事
最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード