公務員の記事一覧

         
2018年11月10日
1/2義妹が急に「相談したいことがある」と飛行機で来訪。話を聞くとどうやら私実家で母からの嫁いびりと、弟のエネぶりに限界を感じて逃げてきたみたい。私が力になってあげないと。

853: 名無しさん@HOME 2008/04/02(水) 16:25:06
公務員って、被害者だったとしても昇進にひびくものなの? 

856: 名無しさん@HOME 2008/04/02(水) 16:26:39
>>853 
不祥事には変わりないだろ。 
はっきりと言われはしないだろうけど 
人事考査には影響有ると思うぜ。 

特に地方公務員なら尚更。 



         
2018年11月06日
1/2義姉が娘の教育のためにお金を貸してくれと言ってきた。うちにんな余裕はない→やっとこさ夫を説得し、義姉を説得しようとすると「お宅の子と違ってうちの娘は頭がいいのよ!」

640: 名無しさん@HOME 2007/04/04(水) 14:18:10
愚痴。 
現在2馬力、子供一人の我が家。 
お互いに薄給だし、子供はたくさん欲しいけど、責任持って教育を受けさせてやれるのは2人までだね、 
と結論は出ていた。 
旦那の給料で家のローンと生活費全般、私の給料で子の教育費と老後、繰上げのための貯蓄。 
つい最近までうまくいってたし、義実家(トメのみ)との関係も良好だった。


         
2018年09月12日
1/2【驚愕の真実】嫁が子供を産んでから、異様に義実家に帰る回数が多くなった。ある日、嫁を連れ戻しに義実家に行くと、義父と義姉が大ゲンカをしている。一体何があったのか…



974: 名無しさん@HOME 2013/10/23(水) 07:22:49.80 0

うめがてら報告 

全て今の年齢。 

俺:30代後半 有資格の自営業 
嫁:30代中頃 専業 
嫁父:50代 元公務員 
嫁母:50代 専業 
嫁姉:30代後半 
子:10歳程度双子 

嫁とは取引先に出入りする業者のOLだった。 
当時若かった俺は顔とおとなしい性格に惹かれアタックし、付き合って2年で結婚の了承を得るために嫁実家へ。 
そこで嫁父から同居を進められた。 

俺は元々飛行機の距離の島から大学で都会に出て、ある下町が気に入って大卒後資格を取って自営業として開業、 
地域に根差して普段から自治会や夜回り地域の祭りへの参加等をさせて頂くことで信頼関係を築いて、その結果安定して収入を得られるようになって 
嫁と結婚する覚悟が出来た。このため電車で1.5時間程度の距離とはいえ、現在仕事している場所を離れる事は出来ない。 
そのことを何回説明しても嫁父はしつこかった。 
嫁父は公務員だったのでその繋がりから仕事を紹介してもいいと言い始めたが、それはありがたいけど現在の顧客をまずは大切にしたいと訴えつづける事数時間。 
現収入を開示しこれまで築いた関係が無ければ収入も無い事、 
将来的に事業を拡げられるような状況になればこの地域でも仕事を始めて軌道に乗れば同居でもいい、と譲歩して嫁父はしぶしぶ了承した。 
この話し合いの間、嫁父以外は空気、嫁も殆ど口を挟まず、たまに俺にお父さんはこういってるけど、、、と言うだけ、 
嫁母はお茶を何回か出してきた。嫁姉は最初は居たが仕事で途中で抜けた(遠距離出張で休日移動だったそうだ)。



         
2018年03月26日
76 :長編にちゃんまとめ 2015/03/03(火) 12:29:43 ID:sko
本日、ひな祭り婚とかいう、不幸になるのがわかりきっているようなものに行ってきます。
15時から挙式(親族のみ)、16時半から披露宴・・・2次会も予定してあるんだって。参加しないけど。
夫婦そろって高校教師のはずなんだけど、こんな時期に、しかも平日に、明日から学年末考査らしいのに・・・
当事者が担任じゃないからできるのか?(新郎が副担任とかいうものらしい)

サービス業の方々ならともかく、両家ともに教師もしくは公務員ばっかりって感じのお家柄。
新婦から事前に聞いてた話だと恐らく招待客の職業も似たり寄ったりだと思われる。
↑当方アラサー独身女なせいか、新婦が「新郎友人はこういう職業の男の子ばっかりだから頑張れ」だと。余計なお世話だ。

ちなみに私はただの民間企業の勤め人ですが、運悪く総合職の中でも多忙な課に配属されてます。
挙式の日程自体は早いうちにわかっていたので、すぐさま休日取得願を提出していたのですが、
やはり昨日もこの忙しい時に休むなんて!という無言のプレッシャーをフロア中から受けてきました。
今日も午前中だけ出勤してきましたので、これから美容室→友人と合流して会場へ向かいます。

最新記事
最新コメント
記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード