ほっこり・ほのぼのの記事一覧

         
2020年07月06日



239:名無しさん@お腹いっぱい。 2010/04/22(木) 16:10:26
妻と初めてした会話スレから来ました。
仕事の合間に書くので度々ブツ切りになるので悪しからず。




         
2020年07月04日



252:名も無き被検体774号+ 2012/09/05(水) 22:34:20.34 ID:Ee/BhgdKO
最初は大変だったが、常連にも助けられて
何となくやり方がわかってきた

精神的な面に関しては
少年親子にかなり助けられた
どんなに凹んでもギャルギャルしいのに
できるよ、大丈夫
って言われたら不思議と本当に事が進む



         
2020年07月04日



*続きは記事がアップされ次第リンクが繋がります

738:名も無き被検体774号+ 2012/09/01(土) 19:38:23.90 ID:HxGgv3x8O
ある日、ドカタの兄ちゃんな常連がいた

「タケ、今日合コンあんだけど行かない?」
「どこで?」
「街、車出すから、急に1人増えたんだよ」
「店終わってからなら」
「よし、じゃ7時に迎えに来るから」

こっち来て初合コン
どきむねわくてか



         
2020年07月04日



*続きは記事がアップされ次第リンクが繋がります

180:名も無き被検体774号+ 2012/08/27(月) 16:51:22.72 ID:u4OZJp91O
翌日、少年は学校で仲良くやれてるかなぁ
とか考えながら時間がたち、夕方になった

店の扉が開いたと思うと少年だった
しかもめっちゃ笑顔

「よう」
「今みんなでキャッチボールしてたの!」
「友達できたかww」
「うん!でもみんな家遠いんだ…」
「このへんは街から離れてるからな、まぁでも学校楽しくなりそうだろ」
「うん!ありがとう!」
「あいよ、またそのうち来いよー」

         
2020年07月04日



*続きは記事がアップされ次第リンクが繋がります

1:名も無き被検体774号+ 2012/08/25(土) 02:58:07.36 ID:+18TwveYO
書きためなし
寝落ち勘弁



         
2020年06月03日



196: とおる ◆gGkgg8iOTXPD 2012/02/28(火) 02:23:47.51 ID:GRqcw6yf
お久しぶりです。 
とおるです。こんばんわ 

苦手な方はIDNGお願い致します。 
Mr.ミュンヘンと行動を共にし3日目の朝金閣寺へ到着した辺りからです。 


         
2020年06月03日



*続きは記事がアップされ次第リンクが繋がります

179: とおる ◆gGkgg8iOTXPD 2012/02/10(金) 03:16:16.84 ID:x8WF3uaI
Mr.ミュンヘンが関西のお好み焼きは野菜パンケーキのようだと言った所からです。 

ちょうど姉さんの分が焼き上がった所で言われたので母さんが 
(母`ω´)「…まだ食べるなら作るで」と言ってました。 

Mr.ミュンヘン一枚と半分のお好み焼きを完食 
この方ほんとによく食べます。 



         
2020年06月03日



*続きは記事がアップされ次第リンクが繋がります

615: とおる ◆gGkgg8iOTXPD 2012/02/03(金) 14:25:46.98 ID:Jm3pdBnQ
この辺で一区切り改めて登場人物を紹介します。 

(*・∀・*)…Mr.ミュンヘン、本名不明 
ドイツからの単身観光客。南から北へと日本観光中。日本食が好き。定年後日本にくるのが夢だった。 

(父´ω`)…タケル 
私の父。広島でMr.ミュンヘンとであい、私を呼び出した張本人。 

(・ω・)…とおる 
私。大阪の中学生。英語が苦手。 

(母`ω´)…私の母。心配性だけど面倒見がよい 

今から数年前の「初対面のドイツ人を広島大阪京都に案内した」という出来事を思い出して書いています。 

それでは以下投稿の続きます。 




         
2020年06月03日



*続きは記事がアップされ次第リンクが繋がります

191: とおる ◆gGkgg8iOTXPD 2012/01/26(木) 20:30:45.23 ID:RGUid5bd
とおるです。続きです。 
まだ新幹線内でMr.ミュンヘンに何故五円玉をお賽銭に使うか、という話です。 

(*・∀・*)「あー、タクサン トスできるから!」 
(・ω・)「惜しい!」 
惜しくないけど、返事返してくれた嬉しさで言っちゃったと思います。 

(*・u・*)「あー…んー…」 
お手上げの降参をされました。 

 


         
2020年06月03日



*続きは記事がアップされ次第リンクが繋がります

878: とおる ◆gGkgg8iOTXPD 2012/01/22(日) 18:18:12.15 ID:sqOw+8QI
続き書きますねー。 

レジのお店の人に 
(父´ω`)「ごちそうさん」 
(・ω・)「ごちそうさまでした」 
(*・∀・*)「ゴチソウサマ!」と挨拶し、駐車場まで車をとりに行きました。 

今度は原爆ドームへ向かうそうです。 
車内では、ドイツの話をして貰いました。 



         
2020年06月03日



*続きは記事がアップされ次第リンクが繋がります

730: おさかなくわえた名無しさん 2012/01/21(土) 03:55:47.45 ID:zp9MihnJ
数年前にあった実体験、書いてもいい?



         
2020年05月11日



35: 以下、転載禁止でVIPがお送りします 2014/09/09(火) 21:34:59.42 ID:qzTUTeum0
何食べたい?って聞かれるだけいいじゃん。
うちなんか嫁と子供が食いたいのしか作ってもらえない。


         
2020年05月08日



498: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/11/05(土) 00:11:38.75
つづきます 

こうして嫁父とのセカンド・コンタクトは予想外の嬉しい方向で終えることができた。 
玄関で嫁家族に挨拶して玄関でると嫁が追いかけてきた 

嫁「俺さん帰りますか?」もうすでに深夜零時まわっていた、嫁と合流してから10時間近く経っている 
俺「帰ろうと思います」まだ嫁と話したいけど流石にね 
嫁「ちょっと待っててください」玄関に戻る 
嫁「あと2時間は私大丈夫ですよ~、父が許可くれました」 
俺「???親父さんが??」 
嫁「はい、俺さんなら大丈夫だから良いってw」 
嫁「俺さん父に気に入られた初めての男性ですよw」 
俺「なんかありがたいですね・・・」 
嫁「あと2時間しかありません、どこ行きますか?」 
俺「嫁さんが良ければドライブは?」 
嫁「いいですね~」 

嫁が俺の助手席にのるとき玄関あけてご両親が顔出した。 
俺は外に出て「2時までには必ずお返しします」と言って軽く会釈した 
嫁は窓あけて「ちょっと出かけてくるね」と手を振ってた。 

体全体が高揚する感じというのかどこかフワフワする感じと言えばいいのかな? 
久々に感じるドキドキとでも言えばいいのか。 

嫁は暗い車中でみるとキレイな横顔がより引き立つ 
外灯とか対向車のライトとかで一瞬、浮かび上がる嫁の顔が凄く印象的だった。 

嫁を乗せて他愛もない話をしながら特に目的地もなく車を走らせた


         
2020年05月08日



*続きは記事がアップされ次第リンクが繋がります

417: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/11/04(金) 00:15:32.69
④感謝します。こんなに④頂いて嬉しいです。 

ダラダラ文章ですが最後まで書いてみます。ただ姪さんや会社関係で嫁と関係ない分に関しては書かずに少しでも早く終わるようにしますので週末までお付き合い頂ける人はお付き合い頂けると嬉しいです。 
本日、脱いでる人には残念ですが脱ぐ出来事ないです。 
ごめんなさい。 
個人特定については場所と作品は伏せる形で進めさせてください。 
たぶん道民でもマイナーな場所だから大丈夫!と思いたい 

つづきます。 

嫁の撮影した画像を嫁のカメラで確認するけど見づらい・・・すると嫁がSDカードをipadに取り込めば見れますかね?と言った、リサイズすれば見れるかもしれない。 
そう伝えると嫁はカメラとipadを持参して俺のテントに来た。 

嫁がipadにデータ読み込ませてる間、俺は珈琲のむ準備してた。 
なんとなく緊張する決して広いとは言えないテントで嫁と二人かぁ。。。 

嫁「読み込みできました!これです」とipadを俺に渡す 
ipad で見た限りでは嫁は露しゅつやシャッタースピードなどまだ手探り状態のようで普段はプログラムモードで撮影してるんだろうなと推測した。 
そこで俺ならこう撮るという感じで教えて嫁も分からないこと質問する、俺答えるという感じでテントで過ごした。 

なんというか嫁といるのが居心地よいと感じる自分がいた。 
最初の嫁ではなく今の嫁に対してだけど趣味が同じで好きな被写体も一緒だと異性でも意気投合するんだなと認識できた。 

嫁のリアクションも素直で教え甲斐があるのも理由のひとつだと思う。 
風はドンドン強くなるので今日はもう撮影無理かもしれないなぁと考えてると嫁が話だした。

         
2020年05月08日



*続きは記事がアップされ次第リンクが繋がります

348: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/11/03(木) 08:56:31.13

         
2020年05月08日



*続きは記事がアップされ次第リンクが繋がります

299: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/11/02(水) 12:02:11.56
取り急ぎですが投下しますね。昼はこの後用事あるので1本ですが。 
時間みつけて書いていきます。文章がダラダラと長く簡潔にまとまらずすみません。 

続きます 

結局、会社は3日休んだ。 
その間に吹っ飛んだ仮歯跡の治療した程度であとは自宅でひたすら休んでいた。

出勤したけど青タンと若干の腫れは残っていて会社の人には心配させてしまった。 
ウチの会社には先々代から働いてる通称「長老」と呼ばれるベテランと先代から働いてる総務経理のベテラン通称「トミさん」の二人がいる 

この二人がいてくれるお陰で現場の悩みは「長老」、経理の悩みは「トミさん」に頼る事が多い。 
他の社員に相談できない事もこの二人にはアドバイス仰ぐことも多く色んな意味で助けてもらってる人達です。 

出勤したときに長老から「若(俺の呼び名)ケンカしたのか?」 
トミさん「若ちゃん(トミさんはこう呼ぶ)どうしたのケンカ?」 
俺「いや、転んでしまって」 
トミさん「若ちゃん休んでる間に仕事たまってるから頑張ってね」とハッパかけられる 

こういう時は仕事でも忙しいほうが気持ちも切り替えできて仕事たまってる方が良かった 
その後、数日間は嫁一家の事は考えることもなく平穏に過ぎた。 

ある日、現場から会社に戻ると 
トミさん「若ちゃん宛に電話来てたよ、これ相手の電話番号」 
メモにかかれた電話番号と相手の名字には心当たりなかったが仕事関係の人かもしれないので電話した 

すみませんが昼はここまでとなります。時間みつけて続き書いて投稿します。?ありがとうございます。

         
2020年04月16日


782: :2011/07/03(日) 04:42:30.89 ID:

町の中

勇者「ここまで離れれば大丈夫だろ」

魔王「そだね!」

女商人「ありがとう。お父さんの鞄を取り返すことができた。
    一時はどうなることかと思って取り乱したけど、これで今後も生活することができる」

勇者「もう盗まれないように気をつけてね」

魔王「まずは父親の病気を治すのに専念して、治ったら一緒に商人の仕事をすればいいんじゃない?
   その方が、もっともっと商売上手になれるよ!」

女商人「ありがとう……。これ、お礼と言ってはなんだけど、受け取って欲しい」チャキンッ

勇者「えっ!? こんな高そうな剣!? いいの!?」

女商人「これはお父さんが自信作って言ってた。だから相応しい人に使って欲しいって。
    お父さんも全部話したら怒らないと思うし、勇者くんが相応しいと私は思うから」

勇者「あ、ありがとう……!」ジャキッ


         
2020年04月16日


*続きは記事がアップされ次第リンクが繋がります

455: :2011/07/02(土) 19:38:15.78 ID:
見習い魔法使い「あの……何故か昨日一部分記憶が飛んでしまってるんですけど、
        その、温泉は楽しんでいただけましたか?」

勇者「あ、え~っと」

魔王「う、うんうん! すごく疲れがとれたよ! ありがと!」
勇者「えっ」

見習い魔法使い「そ、そうですか! よかった~! 私しっかりお礼できたのか分からなくって……」

魔王「も、もうそれはしっかりと!」

見習い魔法使い「これで安心して修行の日々に戻れます! ありがとうございました!」

勇者「あっ、ううん、こっちこそありがとう」

見習い魔法使い「そ、そそんな! 恐縮です!」

見習い魔法使い「お二方は、次の町を目指されるのですか?」

勇者「そう……だよな?」

魔王「うん、そだね」

         
2020年04月16日


*続きは記事がアップされ次第リンクが繋がります

258: :2011/07/02(土) 14:54:31.49 ID:
剣士「くっ……こうなったら……」ヌギ

魔王「な、何脱いでんの!? どうしたの!?」

勇者「……」ジッ

魔王「真顔で見つめるな!!」バコッ

勇者「いたあっ!!!!」

魔王「ちょ!! スト、ストップ!!」

剣士「邪魔しないでくれ!! あたしの剣士としての人生がかかってるんだ!!」ヌギヌギ

勇者「ゴ、ゴクリ!!」

魔王「このっ……!! イオナズン!!」

勇者「あ、ばか!! こんなとこで使ったら!!」

         
2020年04月16日


4/4【長編SS】勇者、今まさに魔王打倒の冒険に出かけるとき……魔王「……来ちゃったっ」 勇者「えっ」

*続きは記事がアップされ次第リンクが繋がります

1: :2011/07/01(金) 22:11:41.30 ID:
魔王「へへ」

勇者「いや……えっ?」

魔王「……どうしたの?」

勇者「ど、どうしたのって……ま、まさか」

魔王「何?」

勇者「ま、まままま、まお、まま、まお、魔王!?」

魔王「……そうだけど?」

勇者「えええええええええっ!?」

魔王「あれ? まずかった?」

勇者「ま、まずいも何もこれから旅立つところなんですけどー!?」

魔王「だよね、始まりの町だもんね、ここ」

勇者「えぇぇ……」

最新記事
最新コメント
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード