721: 名無しさん@HOME 2010/05/09(日) 17:50:50 0
下記に覚えはないよね?
初孫じゃなくて2人目の話のようなので違うんでしょうけど。

963: 221x252x214x199.ap221.ftth.ucom.ne.jp 2010/05/08(土) 03:39:08
◆離婚危機の原因の詳細(長くなっても思い付くものを全て書いて下さい)

先日、妻と私の両親が次女の育児方針についていさかいを起こしました。
これは妻に非があります。
妻が私の父を怒らせるようなことを言ったのです。
父は、自分の怒りを妻に分からせるために、子どもにコップの水を浴びせ、コップを投げつけるふりをしました。
(コップは子どものそばに落ちましたが、子どもには当たりませんでした)
それに妻は激怒し、一触即発の状態になりましたが、私も努力してなんとか場は収まりました。

このことに対して、父はペナルティとして私に離婚するよう言ってきました。

実は、妻と私の両親とのいさかいはこれが初めてではありません。
過去に何回か似たようなことがありました。
長女の育児方針で1度ひどいいさかいを起こした後は、(これも完全に妻に非があります)
妻と両親は接触を絶っていました。
それでも、妻が第2子を出産する直前に両親の希望で妻が自分の非を両親に詫び、家族を建て直すことができました。

これほどひどいいさかいは2度目であるし、両親の気持ちを収めるためには離婚するしかないと私は思い、妻と話し合い、離婚する覚悟を決めました。

ただ、完全に妻に非があってこうなったのですし、私も妻を止められなかった責任を感じていましたので、2人で私の両親に謝罪しました。

その結果、父は、子どものために離婚はしなくてよいと言ってくれました。
ただし、私の両親と妻はまた接触を絶つことにしました。

妻にとっては、私の両親と接触せずともよい状態となり、離婚も回避できたということで
うまく収まったのではないかと思っていたのですが、私とこれ以上やっていく自信がないから離婚したい、ということを言われました。