330 :長編にちゃんまとめ:2009/09/06(日) 03:19:11.24 ID:8UYqcpTd0
そっから急速に事は止んだ。

みんな冷静になり、特に小学校の例の一件を知っている人間はざわざわ状態。

デブも自分の犯した暴挙に気付いたらしく、こっちに助けを求めてくる。



俺とイケメンは顔を見合わせ、確認し合った。

デブを助けようと。



後で聞いた話だけど、イケメンはデブを見捨てようと合図したつもりらしい。

まあとにかくその場を切り抜けるために口を開こうとした瞬間。



「その話は今は関係ないでしょ」



とまさに鶴の一声と言わんばかりの一言が教室に響き渡った。

あの、俺に告白してくれた可愛い子だった。なんという女神。