743: チョコパイ 2010/03/10(水) 00:39:23
チョコパイです。

義姉と義母が夕方やってきました。
私の帰宅に驚いていましたが、それよりも私の妊娠にとても驚いていました。
それと同時に義母には泣きながら謝られました。

 昨日、義兄たちが夫の帰りを待っていたんですが、なかなか帰ってこないので
連絡をとると「仕事から帰って疲れて家で寝てる。何??」とのこと。
その家に今義母と義姉の三人でいるんだけど。と言って切るとしばらくして夫が帰宅。
 そこから説教タイムが始まったそうです。

 問い詰めると、仕事終わってから今までプリンと一緒にいたことを白状したそうで。
さすがに合い鍵は渡してないそうです。本当かどうか分かりませんが。
 夫の鍵は義兄が預かり、夫はそのまま最低限の荷物だけ持って、義実家強制送還になりました。
キッチンは、私が帰ってきたときに困らないようにと、義姉と義母が片付けてくれていました。
 
 おかげで帰ってきたときに多少は嫌な思いをせずにすみました。
一応自宅に戻ってから、いろいろ調べましたがなくなったものはなかったです。

 寝室ですが、寝台?に見慣れない女物の香水のビンが置いてありました。
寝室はほのかにその香水の香りがしました。
 寝室のゴミ箱には、ティッシュがありました。もう寝られないですね。。

 今日は義母、義姉、妹と夕食をとり、今までの話を聞いてもらい、
それから疲れたみたいで少し横になってました。
 その間に義姉から連絡を受けた義兄が夫を自宅に連れてきてくれました。
妹に起こされてリビングに行くと、夫がいました。
 直接顔を合わせるのは久しぶりなのでとても懐かしく、とても嬉しかったです。
プリンがいることとか、この1週間の間にあった嫌なことが本当は嘘だったんじゃないかと一瞬思いました。