すみません。 

批判が多いのは覚悟の上です。 
実際に見ているわけでもなく、全てを見ているわけでもなく、細かいニュアンスも表現できないので、多少はこちらの意向を汲んでいただける方もいると思ってたのですが。 
ほぼ批判だけなので多少へこんではいます。 

親族で話し合った結果ではありますが、報告がてらといいますか、多少の言い訳と愚痴を吐かせて頂きたいと思います。 

まず、最悪の事態は避けることが出来そうです。 

最悪と言うのは、自分が現職を辞め、父の会社に入り、兄の変わりに保証人になり、私が父の後を継ぐ事態です。 
それ以外は、もうgdgdです。 

掻い摘んで、お話しますと 
兄の抱えている闇は、自分が想像していなかった程深かったという事実です。 

兄は、弁護士と兄の通院しているワーカーさんと一緒にきました。 
父、母、自分、妻、妹、妹の夫が一緒で話し合いました。 

まず、兄は週明けにも自立支援なんちゃらという制度を申請し、適応障がいなどの精神病を根本的に治療する事をワーカーさんに言われます。 
それを阻害する行動をしたばあいは、適正な治療を受けさせないDVであり、刑事告発の準備があると弁護士に言われます。 
この自立支援を受けると、2年なり3年は保証人になれない、会社の役員になれない為、兄を保証人にしたり、社長なりにして報酬を上げると言う選択肢は消えました。 
父は納得していない様でしたが。