463:恋人は名無しさん2008/03/26(水) 12:58:42 ID:DCddfn6p0
その日が、菜美の部屋に入った初めての日だった。
普通なら、俺たちの関係に少しぐらい進展があってもいいんだろうけど
結局、何事もなく終わった。

怯える菜美がなんとか寝付いたのは深夜2時過ぎ。


すやすやと寝る菜美を見てさすがにムラムラしたけど 
今襲ったら、それこそ菜美を深く傷つける気がして 
最後の一歩は踏み出せなかった。 


その3日後ぐらいから、菜美のところにも街金が来るようになった。 
そのため、俺と菜美は半同棲のような形になった。 

だけど俺は、相変わらず菜美には手を出さなかった。 
菜美が風呂上りにノー部ラパジャマでいたりとか 
パジャマのボタンとボタンの隙間から見えそうだったりとか 
かなり危ない状況はあった。 
だけど俺は、菜美のいないときに狂ったように1人でして 
搾り出したりすることで、なんとか理忄生を保つことができた。 

吉村の一件以降、菜美は知らない男に対して強い警戒感を示すようになってた。 
これだけ無理して我慢してたのは 
このまま俺が襲ったら、菜美の男性恐怖症はさらに酷くなると思ったからだ。