ふぅ、いろいろと何か考えることがありすぎて疲れました。
父に夫母とのやりとりを見せました。


正直に、夫との結婚は無くてもいい。ただ、赤ちゃんを産むということは
夫がどんなに役立たずでなよなよしていて苦労をするのは私だけだと
解っていても諦められない。迷惑かけてごめんなさい、と。
自分の予想以上に厳しく言われました。といってもどれも反論
できない筋の通ったことだから仕方ない。

何が何でも婚約破棄はあちらから言わせないといけない。
こちらからは例え実の父であろうと言ってはならない。
お前がその状態ならとれるものもとれないし何よりそんな
不安定な状態で、お腹の中にいる赤ちゃんがかわいそうだ。
母親になるんだからその程度のこと、どうにかなると笑い飛ばしておけ。
母親になることを決めて、その意見だけがぶれないのであれば、
悪い方向にあちらから進めようとするのなら私がなんとかするから。
と言われました。

とりあえず今はあちらから婚約破棄を言わせるために私は耐えようと思います。
ただでさえ計画忄生もなく頭も悪いので父に相談なく動くのはやめます。