*続きは記事がアップされ次第リンクが繋がります。

106:前スレ41 ◆/VImJxJQmw2006/04/05(水) 03:08:20 ID:alINZVeY0
社会復帰して、徐々に体も慣らして。体重は一ヶ月くらいで元に戻って完全復活。
卒論仕上げて出席も単位も足りてたから講義とかにも行かずに就職活動に集中。
どこで就職するかというのが問題になって。親父とおかんにも一応相談はした。
「まさか帰ってくるつもりじゃないよな。」その言葉で予定通りアパート近辺に糸交って探し始めて。
今思えば物凄く楽観的で。何とかなるだろうとたかをくくって淡々とやってた感じで。
それでもそこそこ体格のある男と言うのは介護の現場では重宝がられるからか、
履歴書と健康診断書提出してそれで落ちるなんて事はなかったし、面接の感触も良かった。
結果、三施設から内定貰って。老健か病院併設のリハビリ施設かで悩んで。
人を治す仕事に関わりたい気持ちが強かったので、病院の方を選ばせて貰った。
学校終わって直接うちに来た彼女に報告したら「えっと、どこですか?」勤務地をまず聞いて。
住所言って、地図見せたら改めて「おめでとうございます。」言ってくれて。
喜んでくれてるかと思ったら、突然すっと涙流して。えー!?って感じで、慌てて。
「ちょっと待って、待って、何で?」「あ、えっと…あは。」ペタ座りして、放心して。
時々「おーい。」とか声かけても「…あは。」力無く笑うだけで。もう、撫でるしかなくて。
張りつめてる彼女は結構見てたけど、抜けきった彼女を見るのは始めてで、ちょっと意外な顔で。
帰らないと言ってはあったけど、まだ不安を感じていて。彼女らしく、表には出さないでいて。 


でも就職ちゃんと決まって、安心して。それで一気に、気持ちが弛みきったみたいで。 
彼女が動く気配が無いから、食事作ったりして。食べさせて。やっと少し、戻って。 
「もう大丈夫?」「…です。」「驚いたよ。」「…ごめんなさい。」妙にしおらしい彼女がいて。 
俺の表情伺いながら、何度かためらって。やっと自分から口開いて。 
「えっと。これからも一緒にいてくれるんですか?」まだ少し目に不安さ感じて。 
「そのつもり。」努めて普通に答えたら「つもりって何ですか?」問い詰められて。 
照れくさかったけど「一緒にいてよ。」言わされて。やっと、普通に笑ってくれた。